水晶院

○水晶院概要

社名 株式会社 水晶院
事業内容 縁起雑貨販売業務・書道教室運営
代表取締役 田中 利昭
取締役 田中 佳子
監査役 阪根 昭子
設立 1990年5月
資本金 1000万円
従業員数 100名
売上高 58億円(平成23年11月期)

57億円(平成24年11月期)
住所 本社
〒230-8701
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町34-24

お客様サービスセンター
〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央2-15-10

○沿革

H02年5月16日
  株式会社 水晶院 設立

H04年8月16日
  株式会社 レミントン 設立

  健康食品販売

H06年12月1日
  株式会社 東京書芸館 設立

  美術工芸品販売

H15年12月11日
  株式会社 東京書道教育会 設立

  書道教室運営

H15年6月1日
  株式会社 ラビジェ 設立

  コラーゲン製造

H20年2月1日
  株式会社 銀座国文館 設立

  模型等販売

H20年4月1日
  株式会社 タージマハルストーン設立

  石材輸入

H22年9月21日
  株式会社 東京書道教育会を合併

○株式会社水晶院 社長メッセージ

幸せにつつまれ、健康で豊かな暮らしをおくり、長寿を全うする。それは古くから人類共通の、見果てぬ「夢」であったのではないでしょうか。
かつてバイヤーとして世界各地を回っていた私は、どこの国にも必ず「幸せを招く」と伝えられる品があるのを見て参りました。
とくに、米国での「ストーンヒーリング」との出会いは、「このパワーストーン(水晶)を、日本でも広めたい。」という思いへと変わり、「株式会社 水晶院」を平成2年に創業いたしました。
その後、縁起物にも清新な息吹を吹き込んでみたい、という思いを経て、開運グッズやアクセサリー類の販売を主たる事業とした、現在の業態に至っています。
おかげさまで多くのお客様からご支持いただいております。私たちは、”2つの問いかけ” を日々忘れずに業務にあたっています。
「お客様に夢を伝えられるか?」「私達の真心を伝えられるか?」有形・無形のサービスを通じ、社会に夢を与えたい、真心を大切にして、お客様に信頼と喜びを感じていただきたい。
それが我々にとっての何よりの財産であると考えています。
これからも、このような姿勢がお客様に確実に伝わっているか、自問自答を繰り返し、全社一丸となって日々邁進する所存です。
どうか今後とも、皆様の変わらぬご愛顧とご指導を賜りますよう心よりお願いを申し上げます。

○水晶院のコールセンター

コールセンターでは日々、お客様からお電話でのご注文・お問い合わせを承っております。
私たちはお客様との窓口であり、水晶院の顔となる部署。お客様に信頼していただけるよう、常に心がけて対応しています。
そのためには、何よりもまず一人ひとりのお客様の声に真摯に耳を傾けること。
お客様と同じ目線に立ち、言葉だけでなくその背景にある心情まで理解した上で、お話しさせていただくことを目標としています。
しっかりとお話を伺い、お客様のご要望は何か、どのようにお伝えすればご理解いただけるかなど、会話のキャッチボールをしながらそれぞれのお客様に合わせた対応ができるよう努めています。

○水晶院の「悩み辞典」

・悩み辞典とは?
悩み辞典では、過去15,000件以上のご相談にアドバイスをお送りしてまいりました。
また、それは心理(メンタル)・夫婦問題・法律問題・恋愛・美容などの分野で第一線でご活躍の先生による無料のアドバイスです。
■悩み辞典が提供するサービス
  悩み辞典で訪れたユーザー様に提供できる事、それは『きっかけ』です。
   悩みを抱えた方が「どうしたら良いの?」「不安で辛い」などの時、解決の兆しを悩み辞典にて見つけて頂きたいと存じます。 
■厳選したプロのアドバイス
  悩み辞典にご登録の先生は全て、管理人厳選のプロになります。
   管理人が実際にお会いし、お話をして、信頼できると感じた先生のみをプロ登録させて頂いております。 
■長年の実績が詰まったコンテンツ
  悩み辞典は過去6年間で悩みを抱えた方の支えとして存在し続けました。
   15,000件を超える相談実績のノウハウをご体験頂けたらと存じます。

・メインコンテンツ
各分野の専門家に無料相談
お金や健康、離婚、美容など身の回りの様々な疑問質問に、各分野の専門家がお答えします。

掲示板でみんなの意見交換
プロに相談するのは敷居が高い。
広くみんなの意見を聞いてみたい。
そんなときは掲示板で相談してみて下さい。
また、あなたも回答役として参加してみませんか。

はればれ募金
悩み辞典の活動が募金に変わる
悩み辞典で行う【相談】【回答】【キャンペーン】でのユーザーのご投稿ごとに募金が発生する、悩み辞典募金です。
※ ユーザーのご負担は一切ございません。(募金は悩み辞典が行います。)

愚痴をお聞かせ下さい
誰にもいえない事、日々ため込んでいる事、書き込みして気持ちをスッキリさせましょう!
※ 公開される事は絶対にありません。ご安心下さいませ。

相談ルーム検索
『オンライン上の悩み辞典で活躍されている先生と、実際に会って相談がしてみたい。』
そんなご要望にお応えして、先生方のカウンセリングルームが検索できるようになりました。

水晶院 コールセンター紹介


コールセンターでは日々、お客様からお電話でのご注文・お問い合わせを承っております。
私たちはお客様との窓口であり、水晶院の顔となる部署。お客様に信頼していただけるよう、常に心がけて対応しています。

そのためには、何よりもまず一人ひとりのお客様の声に真摯に耳を傾けること。
お客様と同じ目線に立ち、言葉だけでなくその背景にある心情まで理解した上で、お話しさせていただくことを目標としています。

しっかりとお話を伺い、お客様のご要望は何か、どのようにお伝えすればご理解いただけるかなど、会話のキャッチボールをしながらそれぞれのお客様に合わせた対応ができるよう努めています。

また、お客様に適切にお応えするためにも、事前の勉強は欠かせません。実際に商品を手に取ってその特徴を理解し、広告をよく確認して内容を把握。お客様にご満足いただける対応を目指し、社員教育を行っています。

お客様が話しやすい環境を作るのも私たちの仕事です。
中でも大切に考えているのは、「笑顔の声」です。もちろん電話ですから、私たちの顔がお客様に見えることはありません。

それでも電話口では常に笑顔で対応し、お詫びをするときは必ず頭を下げています。こうした嘘のない応対が、「笑顔の声」となってお客様に伝わるのだと信じています。

クレームのお電話をいただくこともありますが、真摯に対応させていただくことでご理解いただき、お客様との信頼関係を築くよう努めています。ありがたいことに、今ではご自分から近況報告のお電話をしてくださるお客様もいらっしゃいます。

その他、商品を手にしたお客様から、幸運体験をしたというお喜びのご報告をいただくことも多くあります。こうしたお声に触れること、お客様と一緒に喜びを分かち合えることが、私にとっては幸運体験。幸せをお裾分けしてもらったような気持ちになります。

水晶院の「金運だるま」


だるまの基本は願い事。家内安全、商売繁盛、無病息災、良縁祈願、安産祈願、交通安全・・など、どんな願いもなんでもござれの縁起物です。「玄関用」金運だるまはもちろんその胸にしっかりと「金運」の文字が刻まれ、金運をもたらすことがしっかりと祈願されています。
通常、だるまの目は空白のまま残され、願いが叶った時に書き入れる習慣がありますが、この『玄関用 金運だるま』には両目がすでに入れられています。これは、このだるまの開運パワーが完全であり、願望を成就させるための要素がすべて備わっていることを表しています。
風水学において金色は、財産を表し、金運と幸運を呼び込む色として伝えられています。『玄関用 金運だるま』は、金運を招き入れるといわれているカラー“金色”を身にまとった豪華金箔仕上げのだるまとなっており、職人が一つ一つ丁寧に金箔をまとわせています。凄まじいほどの金運パワーをあなたに引き寄せてくれるでしょう。また、出かける前に、このだるまの金色の頭をなでることで、金運・幸運を高めてくれるといわれています。
「風水金運ザブトン」に描かれているのは、神話にも登場する方位を守る四神、東の青竜(せいりゅう)・南の朱雀(すざく)・西の白虎(びゃっこ)・北の玄武(げんぶ)です。これらの四神が家に入ろうとする悪運を退治して、だるまが運んできた金運を増やしながら家中に巡らせるといわれています。
さらに、このザブトンには財運の象徴である銀色と紅白の開運パワー、全ての方位から良運を呼ぶという八角形など、金運だるまのパワーを高める方法のあらゆる極意が凝縮されており、ここでしか手に入らない金運ザブトンとなっています。

モデルは達磨大師
約300年ほど前から、家庭円満などの縁起物として多くの人に親しまれているだるま。その姿はインドの偉大な僧侶・達磨大師が座禅をする様子がモデルだと言われています。だるまに足がないのは、達磨大師が壁にむかって九年も座禅を組み、悟りを開いたといわれるその姿からきているのだそうです。

七転び八起きの精神
だるまは転んでも起き上がりますが、これは「七転び八起き」の処世哲学からきたもの。どんな苦しい環境にあっても、どっしりと腹を据えて、苦難を乗り切ることを表わしているのです。そして、その歴史に裏付けられた開運パワーは、各地でだるま市などが開かれるほど現在でも大人気。だるまは、あらゆる願い事を引き受けてくれる万能な縁起物といえます。

玄関から運気アップ
この『玄関用 金運だるま』は、すべての運の出入り口である、家の玄関に置くのがとても効果的。玄関から入る悪い運をはねのけて、良い運をどんどん呼び込んでくれるので、家中が幸運と金運で満たされるでしょう。
玄関は風水では「気の入り口」の場所にあたります。幸運を呼ぶ気も凶相の悪い気も同じように玄関から入ってきて、家全体にめぐります。玄関から入ってきた気は、そこに住む人に大きな影響を及ぼすので、幸運の気だけを取り入れて、悪い気を入れないようにすることがとても重要なのです。

パワースポット

パワースポットとは、地球に点在する特別な“場”のこと。エネルギースポット、気場とも言う。

『世界のパワースポット: 癒しと自分回復の旅ガイド』という本では、パワースポットには人を癒すとされる水があったり、人に語りかけるとされる岩があったり、あるいは磁力を発する断層があったりすると解説されている[2]。

欧米ではボルテックス、vortex、ヴォルテックス(渦巻き)の噴出する地、という概念が有る。セドナ (アリゾナ州)などが有名である。

荒俣宏は、「パワースポットは大地の力(気)がみなぎる場所と考えればよい」と述べ、そもそもパワースポットという言葉こそは新しいが、昔から大地の力を得ようとする試みはあった、と指摘した。荒俣は日本で言えば「熊野三山詣で」がとても古い事例であると説明した。荒俣は、本来なら厳しい修験を行ってはじめて得られる力を、その場所に詣でるだけで得られる、身分性別を問わず得られる、という画期的なものであったとし、ただし何の宣伝もなしに人を集められるわけではなかったので言い伝えが用いられた、同様に伊勢神宮にお参りする「お伊勢参り」でも「修験者しか得られないパワーを性別身分を問わず得られる」と宣伝した、と説明した。 All Aboutでは、パワースポットやスピリチュアルスポットなどと呼ばれるようにもなった場所も、本来は信仰の場であって自然崇拝が行われていた場であったところが多い、とされている。 そういう場所は伝統的に霊場とか聖地sacred placeなどの呼称で呼ばれていた。

パワースポットの歴史
荒俣宏は、昔から大地の力を得ようとする試みはあった、と指摘している。All aboutでもパワースポットやスピリチュアルスポットなどと呼ばれるようにもなった場所も、本来は信仰の場であって自然崇拝が行われていた場であった、と説明されている。

自然崇拝においては風・雷・雲などのほかに、山・大地・川・湖なども崇拝の対象とされている。地上の場に関しては特に農耕民族ではそうである。山は神聖な場所と見なされ、神霊のすみかと見なされたり同時に死者の国と見なされることが少なくない。日本では富士山、英彦山、白山などの形状が秀麗な山や、雨を降らせると見なされている山(雨降山)、特異な形状や温泉・池などが認められる山などが、古くからそして現在でも崇拝されている(山岳信仰)。川や湖の神聖視は特に北米のインディアンの諸族に見られ、水の精や水神が住むところだとされ伝説や神話が数多くある。

日本では、1990年代始めには超能力者を称する清田益章が「大地のエネルギーを取り入れる場所」として「パワースポット」という語を使用した。

2000年代に入ると、大衆向け風水やスピリチュアリズムに対する人々興味が高まった。また神社仏閣などを巡る聖地巡礼ブームが起きた。江原啓之は神社仏閣を「スピリチュアル・サンクチュアリ」呼んでいる。

2010年8月にはYOMIURI ONLINEで「特別な力が得られる場所として、日本の全国各地で「パワースポット」と呼ばれる神社や山岳に人気が集まっている。」とされた。2010年9月23日にはNHKハイビジョンで『くまもとの風、大地と天空のミステリー くまもとパワースポット大紀行』番組が放送された。

科学風の用語を用いた説明

地磁気が強い場所ほどパワーが強いとして、携帯型ガウスメーターでパワースポットの地磁気を計測することはしばしば行なわれる。

佐々木茂美は、地磁気が打ち消しあう場所で「ゼロ磁場」なる状態が発生し、そこに「五次元宇宙」からのエネルギーがもたらされると主張した。伊那市の公式ホームページでは「中国湖北省蓮花山のゼロ磁場を発見した有名な気功師 張志祥により、分杭峠のゼロ磁場が発見されました」としている。若月祐輝郎は、「断層がぶつかり合うと大気中に電磁波が放出され、それを浴びることにより「暗在系」なる世界からのエネルギーがもたらされる」とした。

伊那市の公式ホームページの説明では、パワースポットでは気の力で放射性崩壊が引き起こされ、放射線が出るため、これが健康に良い、と主張する。

また、楢崎皐月が『静電三法』で土壌中の電位差によって土地自体が持つパワーがあるとし、プラスのエネルギーを持つ「イヤシロチ(弥盛地)」とマイナスのエネルギーを持つ「ケガレチ(気枯地)」が存在するとし、ケガレチであっても土壌中に木炭を埋設すればイヤシロチに変えられると記述した。これは後に船井幸雄らが継承し主張した。船井幸雄は「イヤシロチ」にいると筋肉が柔らかくなるので、前屈をしてみればイヤシロチかどうかが分かると主張している。この説はそのまま『水琴の音で、パワースポットをあなたの部屋に』という本のパワースポットの説明に取り入れられている。

世界のパワースポット

セドナ

セドナはページ・ブライアントなる霊能者がパワーが渦のように吹き出ている「ボルテックス」なる場所があると言っており、スピリチュアリストの聖地の観を呈し、多くの観光客が訪れている。

荒俣宏は世界のパワースポットと言われている場所は国定公園や世界遺産になっている場所が多い、と説明した[3]。荒俣はお奨めの世界的パワースポットとして、ギアナ高地、フィリピンのボホール島のチョコレートヒルズ、日本のフォッサマグナ(中央構造線)を挙げた。

日光東照宮


日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)は、日本の関東地方北部、栃木県日光市に所在する神社。江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を祀る。日本全国の東照宮の総本社的存在である。正式名称は地名等を冠称しない「東照宮」であるが、他の東照宮との区別のために、「日光東照宮」と呼ばれることが多い。

その歴史は少なくとも源義朝による日光山造営までさかのぼり得るもので、源頼朝がその母方の熱田大宮司家の出身者を別当に据えて以来、鎌倉幕府、関東公方、後北条氏の歴代を通じて、東国の権威となっていた。こうした歴史を背景に、徳川氏は東照宮を造営したと考えられる。

元和2年4月17日(1616年6月1日)、徳川家康は駿府(現在の静岡)で死去した。遺命によって遺骸はただちに駿河国の久能山に葬られ、同年中に久能山東照宮の完成を見たが、翌・元和3年(1617年)に下野国日光に改葬されることとなった。

ただし家康の遺骸は久能山にそのままとし、日光には家康の遺命に従って分霊が勧請されたとする見方もできる。

日光では同年4月(4月)に社殿が完成し(作事奉行は藤堂高虎が務めた)、朝廷から東照大権現の神号と正一位の位階の追贈を受け、4月8日(5月12日)に奥院廟塔に改葬され、家康死去の1周忌にあたる4月17日(5月21日)に遷座祭が行われた。なお、改葬の際、吉田神道と山王神道のどちらで祀るかで論争となったが、天海が主張した山王一実神道が採用され、薬師如来を本地仏とする神仏習合によって祀られることになった。

琵琶湖

琵琶湖
Lake biwa.jpg
衛星写真
所在地 日本の旗 日本 滋賀県
位置
日本地図.svg
北緯35度20分0秒 東経136度10分0秒座標: 北緯35度20分0秒 東経136度10分0秒
面積 669.23[1] km2
周囲長 241 km
最大水深 103.58 m
平均水深 41.2 m
貯水量 27.5 km3
水面の標高 84.371 m
成因 構造湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 中栄養湖
透明度 6.0 m
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

琵琶湖は、滋賀県にある湖。日本で最大の面積と貯水量を持つ。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。ラムサール条約登録湿地。河川法上は一級水系「淀川水系」に属する一級河川であり、同法上の名称は「一級河川琵琶湖」である。

地理

滋賀県の面積の6分の1を占め、流れ出る水は瀬田川、宇治川、淀川と名前を変えて、大阪湾(瀬戸内海)へ至る。また、湖水は淀川流域の上水道として利用され、京都市は琵琶湖疏水から取水している。陸上から見た地形により最狭部に架かる琵琶湖大橋を挟んだ北側部分を北湖(太湖)、南側部分を南湖と呼んでいる。一方、湖底地形から見ると、北湖盆(North Basin)、中湖盆(Central Basin)、南湖盆(South Basin)に分けられ、北湖盆と中湖盆の境界は沖島北方付近で鞍状の湖底地形が存在している。北湖は面積623km2 平均水深41m、南湖面積58km2 平均水深4m。

琵琶湖を取り巻く各自治体は、大きく湖南・湖東・湖北・湖西に分けられる。

湖を取り囲む山地からの流れが源流で、京阪神の水がめとしての機能も担っている。また、古くから水上交通路としても利用されており、明治時代に鉄道が開通するまでは、京や大坂から東国・北陸への物資輸送の中継地として利用されていた。

古代湖であり、魚類や底生動物など50種以上の固有種を含む生物相に富む。明治から昭和の初期までは、琵琶湖の周囲に大小40数個の内湖が広がり、多くの生物を育んでいた。しかし琵琶湖の洪水防御のため、1943年から始まった河水統制事業により、事業が終了する1952年までに平均水位が数十cm低下したことや、これに前後して内湖の大半が干拓されたこともあって琵琶湖の自然は大きく変化し、固有の風致や生態系が大きく損なわれた。現在、滋賀県は一部の内湖を復元することを計画しており、生態系の回復や水質浄化が各方面から期待されている。

東京湾中等潮位 (T.P.) 基準で+84.371 m、大阪湾平均干潮位 (O.P.) 基準で+85.614 mの高さが琵琶湖基準水位 (B.S.L.) と定められており、「琵琶湖の水位」とはB.S.L.を±0 mとした水位のことをいう。B.S.L.は、1874年(明治7年)に鳥居川観測点において「これ以上水位が下がることはない」と判断された点として定められたものであるが、その後、瀬田川の改修によって流出量が多くなったことなどにより、水位がB.S.L.以下になることが多くなった。現在では、B.S.L.の値がおおむね満水位となるように水位の調整が行われている。

「急がば回れ」ということわざの語源である。湖を渡るには現在の草津と大津の間を結んでいた「矢橋の渡し」という渡し舟があったが運休が多かったらしく「急ぎならば、瀬田の唐橋のほうに回れ。遠回りでもかえって近い」という意味の和歌が出典。

形成

琵琶湖が形成された時期は、約400万年~600万年前で、現在の三重県伊賀市平田に地殻変動によってできた構造湖であった(大山田湖)。湖は次第に北へ移動し、現在から約100~40万年前、比良山系によって止められる形で現在の琵琶湖の位置に至ったという。大山田湖以前、現在の琵琶湖の位置には山(古琵琶湖山脈)があり、鈴鹿山脈は未だ隆起せず、今日の琵琶湖東南部の河川は伊勢湾へ流れていた。それを裏付けるように、鈴鹿山脈の主要な地質は礫岩である。また、琵琶湖に流入する最大の川で、東南に位置する野洲川は、当時西方ではなく、東方へ流れていたという。なお、琵琶湖は世界の湖の中でも、バイカル湖やタンガニーカ湖に次いで成立が古い古代湖であると考えられている。

西岸には、琵琶湖西岸断層帯が東北-南西方向に延び、断層帯北部の最新活動時期は約2800年前から約2400年前頃とされ、活動時には断層の西側が東側に対して相対的に2mから5m程度隆起した可能性がある。断層帯南部の最新活動時期は1185年(元暦2年)の文治地震であった可能性があり、活動時には断層の西側が東側に対して相対的に6mから8m程度隆起した可能性があるとされている。

歴史

縄文時代や弥生時代から交通路としても利用され、丸木舟なども出土している。古代には、都から近い淡水の海として近淡海(ちかつあふみ、単に淡海とも。万葉集では「淡海乃海」(あふみのうみ)と記載)と呼ばれた。近淡海に対し、都から遠い淡水の海として浜名湖が遠淡海(とほつあふみ)と呼ばれ、それぞれが「近江国(おうみのくに、現在の滋賀県)」と遠江国(とおとうみのくに、現在の静岡県西部)の語源になった。別名の鳰海(におのうみ)は、近江国の歌枕である。この鳰は、カイツブリのことを表す。

天智天皇により、一時は琵琶湖西岸に大津宮が置かれた。測量技術が発達し湖の形が琵琶に似ていることがわかった江戸時代中期以降、琵琶湖という名称が定着した。

琵琶湖は、若狭湾沿岸からの年貢の輸送路としても利用されており、湖上で賊に襲撃された記録なども残されている。湖西には、大津から若狭国へ向かう西近江路や若狭街道、京都から琵琶湖などを経て今庄から北陸道につながる北国街道などの各種交通路が整備された。湖上交通による荷物の輸送も行われており、大津や堅田などは港湾都市として発達した。

安土桃山時代には、豊臣秀吉は大津の船持に大津百艘船を整備し、観音寺の船奉行の支配下に置かれ、特権を与えられて保護された。近世になると、大津は松原や米原など他の港と対立し、江戸時代には松原・米原・長浜が「彦根三湊」として井伊氏の保護を受けた。

琵琶湖が淀川となって大阪湾に流れる位置から、若狭湾で陸揚げされた物資が琵琶湖上の水運を介して京都や大坂に輸送された。こうした輸送は明治以降もしばらく隆盛であったが、陸上交通の発達によって次第に斜陽となった。一方、高度経済成長期には琵琶湖から運河を掘削して日本海や太平洋・瀬戸内海を結ぶ運河構想が持ち上がった。当初は、琵琶湖から日本海と瀬戸内海を結ぶ阪敦運河構想を福井県知事の北栄造が調整し始めたが、特に四日市市長の平田佐矩が熱心だったこともあり、福井県・滋賀県・岐阜県・愛知県・三重県および名古屋市・敦賀市・四日市市の間で、総工費2500億円~3500億円をかけ若狭湾~琵琶湖~伊勢湾を結ぶ中部横断運河の建設期成同盟が結成され、自民党副総裁の大野伴睦が会長に就任した。しかし、大野や平田が相次いで死去したことや、北および敦賀市長の畑守が相次いで落選するなど推進の中心人物を失い、1970年には中部圏開発整備本部が調査の打ち切りを発表した。

  • 最終更新:2017-02-10 17:17:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード